作文・小論文対策講座

国語力から指導します。
 教育改革の一環として、新学力観がうち出され、「子供の創造力・生きる力」を育成する教育を目指す方針が文部科学省によって示され数年、(中学・高校)入試について従来の学力試験と調査票(内申書)重視から作文、面接のみで選抜を行うAO(アドミッション・オフィス)を導入する学校が急増しております。

 その背景には今まで以上に自己を表現する力としての文章作成能力(作文)が問われていると言えるでしょう。

 また、現在の子供たちの中で自分の考えを上手く表現できないために、相手に伝えることができない、いわゆる「コミュニケーション下手」が増えており、そこから起こる様々な問題が一種の社会問題として取りざたされ、改めて自分の言葉で自分の考えを表現する能力が重要視されていす。

作文を制する者は入試を制する

 近年の入試問題が以前と大きくかわってきているのをご存知でしょうか?以前は、選択問題や暗記問題が中心で、学習した内容さえしっかりと抑えておけば、得点につなげることができていました。

 そのため、受験生は暗記さえすれば、ある程度の得点を稼ぐことができたので、入試前に要点だけ頑張って覚えれば合格することができる時代でした。しかし、近年では、従来の「暗記」型問題から「思考力」「分析力」「表現力」を試す問題が増えてきました。簡単に言えば、暗記型から記述型に変わり、作文のように文章で答える問題が増えたということです。

そこで、当塾はNPO法人日本作文協会に正会員として加盟し、新たな入試対策手段として、更には子供たちが将来を生き抜く力を養うために、作文を授業の一環として採り入れることにいたしました。

月1回の作文添削指導で、文章力・表現力・思考力の基礎を養うとともに、他教科の集中力強化へとつなげて参ります。

対象学年
小学1年生~中学3年生

塾内生

回数指導時間受講料(税込)
月1回60分1,800円

 

塾外生

回数指導時間受講料(税込)
月1回60分2,200円