予習中心の授業

 従来の個別指導は当たり前のように復習中心です。学校の授業で分からないところを塾で教えてもらうのが個別指導の利点と考えられてきたのです。しかし、生徒の立場になって考えた時、これが大きな間違いだと気付きました。子供たちは「学校の授業を受けても理解できない自分」に対するコンプレックスを抱えてしまうのです。学習意欲が湧くどころか、ますます自己嫌悪に陥っていく悪循環です。これでは成績が上がるはずもありません。
 授業を予習中心に行うことで、それまで「先生に当てられたらどうしよう」と不安を抱えていた生徒は余裕を持って学校授業に臨めます。